倖田來未 ダイエット

GIRL'S Happy

16kgの減量に成功した倖田來未さんの実践した3つのダイエット方法について

読了までの目安時間:約 6分

 

数多くのヒットソングを出して今や大人気の倖田來未さんですが、出産でかなり太ってぽっちゃりした感じでした。
しかし人前に出る仕事なので醜い姿をファンの前で見せたくないという思いが強くなって、
頑張ってダイエットをして2か月という短期間で16kgの減量に成功したのです。
そこで大変身した倖田來未さんの実践したダイエット方法について紹介します。

夜6時以降は食べない

 

 

 

夜遅くに食べるとビーマル1という脂肪合成を促進する物質が増えていきます。
とくに夜の10時から急激に増えていくので夕食は早めに済ますことが大切です。
ただ夜の6時までに食事を済ませるといっても、お菓子など食べ放題になっては話になりません。
摂取カロリーが消費カロリーを超えないように気を付けることです。
カロリーの高いお菓子や菓子パンなどは瞬く間にカロリーオーバーとなるので、
間食をするのならばヨーグルトやナッツ類などの健康にいい食品がおすすめです。
夜の6時以降何も食べなければ、翌日の朝までおよそ12時間ほど絶食状態なのでエネルギー不足となって、
そのエネルギー不足を補うために脂肪が使われます。そのメカニズムによってやせていきます。
そして空腹感に対する対策としては、食事前に炭酸水を飲んである程度の満腹感を得て食べ過ぎを防ぎます。
そして空腹を紛らわせるためにするめをかじっていました。

夕食後に運動をする

 

 

 

いくら夜の6時以降の食事をすませたからといっても、
夕食後にだらだらとテレビを見たり、ごろ寝をしてしまっては意味がありません。
食事をすると血糖値は上がり、そして時間の経過とともに下がっていくのですが、
その上下の波が小さい方が太りにくくなります。
そこで食後に運動をすることによって糖質がエネルギーとして使われるので、
血糖値が急に上昇するのを防ぐことができるのです。
そこで夕食後30分以内に運動をすることです。さらに細かく説明すると、
食事の後に血糖値が上がり、そして下がるときに脂肪になります。
しかし夕食後に血糖値が下がる時間帯と、ビーマル1という物質が増える時間帯と、
どうしても合致しやすくなり、太る要因を助長することになります。
そのような事態を回避するためには、食後の血糖値の上がり方を少なくするために
夕食後30分以内に運動をする必要性が生じてきます。
ハードな運動はする必要はなく、10分ほどの軽い散歩を取り入れるだけでも効果はあります。
もちろん昼に運動を行うこともカロリーを消費するので効果はありますが、
昼間はビーマルワンは低いので、ビーマルワンが高くなる夜に運動を取り入れた方が効果は大きいです。
理想は3度の食事の後に軽い筋トレ後に散歩をするとより大きな効果を発揮しますが、
現実はなかなか難しいところもあるので、せめて夕食後の後だけでも軽い運動を行うことです。
夜の時間帯の散歩に危険を感じるならば、ラジオ体操第一と第二をセットで繰り返して行うこともおすすめです。
また、どうしても運動する時間がなければ、夕食は炭水化物をカットするなどの工夫をすることです。

鍋料理を利用する

 

 

 

鍋料理は体が温まって、ヘルシーで野菜をたくさん食べることができるので
満腹感を感じやすくて、カロリーオーバーになることを防ぐことができます。
そこでお肉はばら肉は避けてひれ肉、もも肉、ささみ、皮を除いた胸肉がおすすめです。
そしてマロニーや厚揚げ、油揚げのような高カロリーの食品は避けることです。
とにかく鍋類はたんぱく質、ビタミン、食物繊維などとヘルシーで
栄養バランスもすぐれているので、便秘解消にもなってダイエットには是非取り入れたいメニューです。

気を付けるべきこと

 

 

 

ダイエットには摂取カロリーを減らすことが大切ですが、食事制限だけでは体重こそは減らせても
筋肉も同時に落ちて、筋肉が落ちるとカロリーが消費されにくくなり、
代謝が悪くなって痩せにくい体質となり、リバウンドしやすくなります。
そこで代謝をあげてダイエットするには運動、特に筋トレも必要です。
自宅でも手軽にできる運動である腹筋、スクワット、腕立て伏せが代表的です。

このように夜6時以降は食べず、夕食後に運動を実践し、鍋料理を取り入れるという方法を
取り入れてダイエットが大成功した倖田來未さんです。常に人に見られているという意識が強かったので、
ここまで頑張れたと思います。この倖田來未さんのダイエットの秘訣を是非多くのファンの人に伝授してほしいです。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る