つんく おにぎりダイエット

GIRL'S Happy

つんくさん考案★おにぎりダイエット

読了までの目安時間:約 5分

 

お米が美味しい時期になってきました。日本人ならやはりご飯ですよね。

 

でも炭水化物は太りやすいしと敬遠しがち・・。

 

そこで気になったのが「おにぎりダイエット」あの「つんく」さんがブログで実践されていて有名になりましたよね。

 

普段とりすぎている糖質と脂質をカットしていく減量方法で野菜とご飯をメインとして食べていき油分や脂質、糖質の高い食べ物(肉・魚・果物・芋)なども控えて水分も基本はダイエットと同じで水かお茶。

ただ、油分でも亜麻仁油はオッケーだそうで、調べたところこの油にはα-リノレン酸という成分が入っており、脂質の中でも脂肪になりにくく、代謝をアップさせてくれる効果があるようです。

おにぎりのポイントとしては冷めたご飯であることです。お米が冷めていく過程で発生する「レジスタントスターチ」とよばれる成分が食物繊維と同じような働きをしてくれて、澱粉でありながら胃で消化されずに栄養価はそのままでも効果がかわってくるんですね。そして冷めていればよいので、言ってしまえばお茶碗に持ってもオッケー。ただ、おにぎりの方がネーミング的にわかりやすいですし冷めたご飯でも美味しくいただけるということでそう呼ばれているようです。基本的にはダイエットなのでヘルシーなものを中心に、という形ですね。日本食ですと、海藻や豆腐、醤油などもともとご飯にあうおかずに馴染みがあるので献立も考えやすくていいですね。おにぎりならコンビニで手軽に買えますし、外食でもヘルシーなものか、ご飯単品とおかず単品で頼んで冷めてから食べれば問題ないと思われます。それを考えるとすっごく簡単でわかりやすいですね。だいたい2週間くらいのゆっくりした期間で行うもので、「つんく」さんご自身は4キロほどの減量に成功したそうです。ただやはりご飯を食べるダイエットなので痩せ型の女性などは効果がでにくく、肥満体系の人や急激に太ってしまった人にむいたダイエットといえそうですね。そしてあまり運動はしないほうが良いそうです。体の体質改善を目的としたダイエットなこともあり、おにぎりを消化するために必然的に体のエネルギーを使っているため、さらに過度の運動をすると体調を崩しやすくなるそうです。なので軽いウォーキングなどの運動と併用すると健康的に痩せることができますね。「つんく」さんのブログを見ていると奥様が料理上手でダイエットしているなんで全く感じません。よく見るとほとんどお野菜だったり、海藻やお豆腐で、もちろん揚げ物もないんですが食材や調理法をかえるなどバリエーションを変えて飽きないように工夫されているのがわかります。ダイエットって食べるものを減らしたり、同じものを食べ続けなきゃいけないのでどう飽きないように続けるかということがポイントになってきますからそういった意味で主食のお米なら飽きることはありません。おにぎりとお味噌汁とお漬物を普通に食べられるダイエットを考え付いた「つんく」さん。やはりお米に対してかなりこだわりがあるようで、農家さんから取り寄せることはもちろん。玄米から精米、土鍋で炊くなど本当に大好きだそうです。そして「つんく」さんのお子様たちもご飯が大好きな様子がブログを見ても伝わってきます。一時は期間限定ではあったものの「ご飯ダイニングバー」も出店していて大人気だったようですよ。せっかくおにぎりダイエットをするなら、これをきっかけにお米について色々こだわってみるのも楽しそうですね。シンプルな塩むすびから、梅、おかかに、懐かしのごはんですよも美味しそう。炊きこみおにぎりや焼きおにぎり。おにぎらずなんてものも今はでてきていますね。ダイエットじゃなくてもなんだかおにぎりを食べたくなってきました。美味しく健康的に、ダイエットを楽しみたいですね。

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る